白髪染めの種類

20代より少しだけありましたが、30代に入り、前髪の白髪が目立ちはじめ、今では少しですが、まばらに全体的に生えるようになってきました。

美容院では全体染め、家では部分染めを中心におこなっています。
予算の都合上、全体染めも家でできないかといろいろ試しています。

白髪のある髪の毛というだけで実年齢よりも一気に老けて見られてしまうのが悩みの種…。そんな悩みを解消して毎日快適に楽しく過ごすために可能な限り髪の毛は綺麗にしておきたいものですよね。当サイトでは「効果がすごい!」と評判の人気白髪染め商品を徹底比較!口コミでも話題のものを厳選し、厳選おすすめ商品の人気ランキングとして掲載しています。良質な白髪染めアイテムを使用して、ハリのある艶やかな若々しい毛髪を手に入れましょう!
出典:白髪染め人気ランキングcom | おすすめヘアカラーの口コミを比較

ヘアトリートメントで、シャンプーのときに使用するタイプ。
全体に染めやすそうで何よりも手軽。かなり話題になっていますが、私の髪はあまり染まりませんでした。

また、ポンプなどの泡タイプ、これも全体染めには使いやすいタイプ。
ただこれも薄く染まる感じなので、ぼかすにはいいですが、集中している部分の染めには適していませんでした。

最後にクリームタイプ。
これは、以前より、前髪や、生え際の部分染めに使用しており、少し手間ですが、やはりしっかり染まるのがいい点。

なかなかコストがかかりますが、部分染めの家庭用にはクリームタイプ。
全体染めは美容院ということに落ち着くようです。
美容院でもクリームタイプを使用されています。

これが一番なのだということだろうという私なりの結論です。

ヘアマニキュアで染めるのはいいけど…

私は毎回ヘアマニキュアで髪の毛を染めています。
まだ白髪まではいかないのギリギリヘアマニキュアです。
最近のは髪の傷み具合の少なくて済むのでうれしいです。

またトリートメントなども付いてるものを選ぶようにしています。

家で染めてて美容院みたいにうまくムラなく染めるのは
とても難しいですが美容院で染める値段を考えると
ついつい躊躇して自宅で染めてしまいます。

ロングヘアだとかなり難しくて染まりにくいので
主人にお願いすることもあります。

男の人だけど丁寧に染めてくれるので私が染めるよりも
うまくいくことが多いです。

最近はヘアマニキュアの種類がたくさんあって何のメーカーがいいのかわかりませんので、いろんな種類を
試してみて自分に合ったものを見つけています。

自宅でヘアマニキュアをお試ししたこと

若いころ、自宅で簡単にヘアマニキュアができるという染髪料をスーパーで購入してチャレンジしたことがあります。
当時は学生だったので、美容室へ髪を染めに行くなんてことは勇気もお金もありませんでした。でもこれなら手軽だしマニキュアなら色づきも軽くてリスクも少なそうだと思ってやってみたのです。

もう、その銘柄は覚えていませんが、カラーバリエーションがたくさんありました。
せっかくなら個性的なものをと思い、オレンジやピンクを選びました。
若さゆえの好奇心。ピンクといってもほんのり色づく程度でアニメキャラみたいにはなりませんので、そこは安心です。

実際には、使い方が悪かったのかあまりきれいに仕上がらず、お風呂場ばかりが絵画用パレットのようにカラフルになってそちらの方がびっくりでした。
きれいに仕上げたいなら正しい用法で処理するか、専門家にお願いしたほうがいいなと思いました。

産後の白髪

私は出産を期に脳の前頭葉の部分、前髪の白髪に悩まされました。

それまで美容室に行った時にたまに美容師さんが白髪を発見して切ってくれるくらいの自分では気づかないくらいの本数だったのですが前髪ともあって目立つ場所だし一気に老け込んだ感じがしました。

育児疲れのせいもあるのかと夫に子供を預けてゆっくり美容室でベッドスパを受けたりしましたがいまいち効果は現れませんでした。

子供も大きくなり産後の身体も元に戻って授乳も終わったある日ふと白髪を見ると産後すぐとは大違いの前髪部分にびっくりしました。

いつの間にか白髪の本数がかなり現象していたのです。

定期的なベッドスパのおかげかあるいはただの産後疲れだったのかわかりませんが、女性ホルモンの乱れで白髪ができることもあると後から知りました。

妊娠から産後の授乳でホルモンの乱れで白髪が爆発的に増えてたならベッドスパなどやらなくても良かったかなと思います。

でも気持ち的な部分でベッドスパをしてリラックスしたり優雅な時間を過ごせたのでそれはそれで良しだったとも思います。

気になる白髪は抜いています

私は若いころから白髪がたくさんあります。
以前はずっと髪を染めていました。
しかし、長年髪を染めていたのですが、髪を長く延ばすようになってから、髪を染めるのを止めました。

今では10年以上、髪を染めていません。
目立つ白髪は自分で抜くようにしています。

白髪が映える場所は、決まっていて集中しています。
そのためそこの毛ばかりを抜いていると、ハゲになるのではないかと思ってしまうこともあります。

髪が長くなると、髪の毛のツヤや健康にも気を使うようになりました。
髪が短い時は、こまめに美容院で、髪を切っていたので、そのときにキレイにしてもらおうと思っていました。
それもあって、自分では適当なヘアケアをしていたような気がします。

ショートヘアの時は、髪がはねやすいので、ジェルなどの整髪剤をたくさん使っていました。
そのため、髪の毛がベトベトになったり、固まったりするので、こまめに洗髪しないといけませんでした。

しかし、今は髪が長いので、重力で髪がまとまり、何もしなくてもよくなりました。
髪を乾かすのは大変ですが、今のほうが楽な気がします。

髪へのダメージを少なくする

年齢を重ねてくると、髪のボリュームがなくなってきます。
特に髪が短い時は、トップのボリュームが保てますが、長くなってくると、髪がぺしゃんこになりがちです。

そこでなるべく頭皮のマッサージを行って、髪の活性化を促すようにしています。
髪の毛を育てるために、食べ物にも注意しています。

私が今、注目しているのは昆布です。
昆布などの海藻類は、ミネラルが豊富で、髪の健康に役に立つと言われています。

お正月ということもあり、昆布を食べる機会が増えました。
普段から、昆布の佃煮は良く食べています。

昆布はもともと好きで、今年のお正月は昆布巻きもたくさん食べました。
髪の毛にあまりストレスをかけないために、普段は何もしていません。

作業をするときに、髪を一つにまとめる程度です。
髪をまとめる時に、ゴムを使いますが、あまりきつく縛ると、頭皮が痛く感じてしまいます。

そのため、あまりきつくしないで、ゆるく結ぶようにしています。
これからも髪にダメージを与えにくい生活を心がけたいと思っています。

白髪の手入れ

現在56歳の男性です。
幸いにも現在も髪の毛がそれなりに多く、薄毛も気にしなくていいです。
気になるのは白髪です。
白髪はそれなりにいいのではと思っていたのですが、実際に白髪が増えると、白髪だけが撥ねてしまい、髪の毛が少し伸びると頭がバラバラになってしまいます。
そして年齢と共に白髪が目立ち始め、抜いていた白髪を染めだしたのが50歳くらいからです。
髪の毛が短いので、TVのCMのような泡とか、値段の高いヤツは1回しか使えないので、余って捨てなくてはなりません。
ショートカットにいいのは2液を混ぜるタイプです。安くて、使い切るまで何度でも使えます。
私は1回の購入で3回染めることができます。散髪した日の夜に、まず染めます。
そして5mmくらい伸びた時に2回目を染めます。1cm以上伸びたら3回目を染めるか散髪に行きます。
ここで注意点は髪の毛が短いと茶色系は染まりにくいです。
1回目を黒っぽい色で染め、2回目に茶色系で染めると、綺麗に染まります。
つまり茶色系にしたかったら、一度黒系で染めればいいわけです。

こんな感じで夏場はたまに茶髪とまではいかないですが、茶色の髪の毛にしています。

白髪染めの効果

白髪が少ないうちは自宅で市販の白髪染めをしていましたが、数回で臭いがきついことや、衣服やタオルが汚れてしまうという経験から理容店で白髪染めをしています。

それもそろそろ10年近くになりました。

いつもは40日くらいに一度のペースで白髪染めをしていたのですが、仕事が忙しかったりプライベートで忙しかったりで2ケ月以上行けなかった事が最近ありました。かなり白髪が出て全体的に赤茶けた感じになってしまいました。

白髪染めをするときには散髪も一緒にするのですがその期間が空いたときに散髪した後で鏡を見ると相当白髪が増えているのがわかりました。
ずっと白髪染めを続けていたので自分がどのくらい白髪頭になっているのかに気がつかなかったのです。